sAn trail

登山ガイドオフィス サントレイル / 石島竜平の山道ブログ

白馬エリアの高山植物①

夏の暑い時期のことですが、高山植物調査のお仕事で白馬エリアに行ってきました。

 

私はガイドであって植物の専門家ではないので、もちろん補助作業&登山のサポート。

 

今回ほど植物をよく観ながら歩くことは今までなかったのでとてもいい経験になりました!

やっぱり専門家は凄い!

 

2020/7/31-8/3

猿倉から入山して大雪渓を登り、白馬山荘泊。

白馬山荘をベースに、清水岳方面や白馬槍・天狗山荘方面、白馬山頂エリアを調査。

 

道中見かけた花をいっぱい紹介しまーす!

 

猿倉山荘から出発!

f:id:i_ryuhey:20200925141430j:image

 

ヤマホタルブクロ

f:id:i_ryuhey:20200925141405j:image

ホタルブクロとの違いは萼片で見分けます。

 

 

タマガワホトトギス
f:id:i_ryuhey:20200925141414j:image

 

 

ミソガワソウ
f:id:i_ryuhey:20200925141422j:image

木曽川の支流の味噌川で多く見られたことから付けられたそう。

 

 

オオレイジンソウ
f:id:i_ryuhey:20200925141410j:image

 

モミジカラマツ
f:id:i_ryuhey:20200925141401j:image

 

オタカラコウ
f:id:i_ryuhey:20200925141435j:image

 

 

大雪渓入口!といってももうちょっと先
f:id:i_ryuhey:20200925141426j:image

 

 

白馬尻
f:id:i_ryuhey:20200925141417j:image

今年は白馬尻小屋は休業。

毎年、たたんだり、建てたりご苦労様です。

 

 

オオヒョウタンボク

f:id:i_ryuhey:20200925150052j:image

赤くなる前の実です

 

 

アラシグサ
f:id:i_ryuhey:20200925150058j:image

 

ハルザキヤマガラシ(セイヨウヤマガラシ)

f:id:i_ryuhey:20200925150745j:image

ヤマガラシではなくたぶんハルザキ

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200925150224j:image

振り返れば奥には戸隠山が見えています

 

ミヤマカラマツ
f:id:i_ryuhey:20200925150024j:image

花が終わって種ができ始めています。

ムラサキで綺麗ですね〜

 

 


f:id:i_ryuhey:20200925150030j:image

大雪渓に突入!

 


f:id:i_ryuhey:20200925150018j:image

8月頭にして小雪渓が通れなくなったそうなので、6本爪の軽アイゼン

 

大雪渓を歩く
f:id:i_ryuhey:20200925150215j:image


f:id:i_ryuhey:20200925150038j:image

ぞろぞろいるけど今年はコロナで少ない。

 


f:id:i_ryuhey:20200925150046j:image

もうすぐ大雪渓終わり

 

ミヤマキンポウゲ
f:id:i_ryuhey:20200925150010j:image

f:id:i_ryuhey:20200925150235j:image

 

キンポウゲのことを英語ではバターカップと言いますが、花の内側がバターを塗ったようにテカテカしていることに由来します。

 

ヨツバシオガマ

f:id:i_ryuhey:20201014170621j:image

 

クロクモソウ
f:id:i_ryuhey:20201014170651j:image

 

ミヤマクワガタ
f:id:i_ryuhey:20201014170534j:image

虫のクワガタと名前の由来は同じで、兜の額の部分に付いているV字形の装飾の鍬形(くわがた)を連想させることから。

 

それは2本の突き出た雄しべのことかと思いきや、そうではなく里に咲くクワガタソウという植物の実についている萼片が由来になっています。

ややこしいですね。笑

こういう話は文章で伝えるのは難しいので、実際に植物を見ながら話すのが一番!

ということで、ガイドのご依頼お待ちしてます。笑

 

渡渉
f:id:i_ryuhey:20201014170705j:image

 

ハクサンフウロ
f:id:i_ryuhey:20201014170540j:image

紫色が鮮やか!

 

ムカゴトラノオ
f:id:i_ryuhey:20201014173733j:image

 

クルマユリ
f:id:i_ryuhey:20201014170604j:image

輪生する歯を車輪に見立てて

 

テガタチドリ
f:id:i_ryuhey:20201014170711j:image

ラン科だよ

 

オオカラマツ
f:id:i_ryuhey:20201014170551j:image

別名をコカラマツといいます。

どっちやねん!

 

ウルップソウ

f:id:i_ryuhey:20201014170645j:image

 

シロウマオウギ
f:id:i_ryuhey:20201014170609j:image

イワオウギなどに比べるとずっと数が少ないレア物!

 

ベニバナイチゴ
f:id:i_ryuhey:20201014170526j:image

その名の通り鮮やかな紅色

 

キバナノコマノツメ
f:id:i_ryuhey:20201014170615j:image

スミレだよ!

 

シナノキンバイ
f:id:i_ryuhey:20201014170634j:image

キンポウゲ科

 

ミヤマシオガマ
f:id:i_ryuhey:20201014170557j:image

ハマウツボ


タカネシオガマ
f:id:i_ryuhey:20201014170628j:image

ハマウツボ科。この2種はどっちがどっちかわからなくなる系代表。

 

アオノツガザクラ

f:id:i_ryuhey:20201014170657j:image

 

ウメバチソウ
f:id:i_ryuhey:20201014170640j:image

ウメバチソウとほぼ一緒だけど、仮雄しべの数で見分けます。

 

イワツメクサ

f:id:i_ryuhey:20201014212708j:image

ナデシコ

 

 


f:id:i_ryuhey:20201014212655j:image

白馬山荘に到着〜

 

部屋
f:id:i_ryuhey:20201014212704j:image

2畳の部屋に1人!快適でした〜

 

 

続く → 白馬エリアの高山植物② - sAn trail

   → 白馬エリアの高山植物③ - sAn trail

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド / 石島竜平はこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

憧れの北アルプス南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致します。

お気軽にお問合せ下さい。

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ