sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

雨飾温泉から雨飾山

2020/7/20

先日、ガイドの仕事で雨飾山に登ってきました。

 

雨飾山新潟県糸魚川市と長野県の小谷村の県境にあります。

 

ほとんどの人が長野県側から登っているのですが、今回は新潟県側のルートから。

 

 

多くの人が長野側から登る理由は関東方面からのアクセスや、登山口の標高。

長野側が1160mなのに対して、新潟側は880mなので300m弱も違います。実際には長野側のルートは1度下ってまた登り返すので、登る標高差は300mもないですね。

それでも新潟側の方が200mくらい多く登らないといけません。

 

少しでも登りを少なくしたい人は長野側ということになりますね。

 

新潟県側からは雨飾温泉雨飾山荘が出発地点です。

ややこしいのが、長野県側には雨飾荘というのがあります。笑

 

新潟側の雨飾山荘は源泉掛け流しで雰囲気もGood!

古くからある建物で、中に入ると梁が物凄くぶっとくて歴史を感じられます。

梁だけでも一見の価値あり。

日帰り入浴も可能で500円です。

 

 

雨飾山荘。左の三角屋根が内湯です。

f:id:i_ryuhey:20200728125027j:image

 

内湯はこんな感じ。

源泉掛け流しでとってもいい湯加減。

f:id:i_ryuhey:20200728125148j:image

 

 

外湯の外観

f:id:i_ryuhey:20200728125128j:image

 

外湯
f:id:i_ryuhey:20200728125124j:image

 

外湯は混浴な上に、周りから見えちゃうので、女性の人たちは入りづらいと思います。

 

 

2階廊下。ぶっとい梁!

f:id:i_ryuhey:20200728125523j:image

 

 

今回は雨飾山荘に前泊して、翌日の早朝から登山開始。下山は長野県側へ。

 

登山道はずーーっと急です。

 

 

尾根の上に乗るまではコケむした雰囲気。

f:id:i_ryuhey:20200728125644j:image

 

 

ところどころに山頂までのカウントダウン。f:id:i_ryuhey:20200728125640j:image

 

ちなみに雨飾山荘の登山口には山頂まで240分と書かれていましたので、登りのタイムはおよそ4時間が目安になっています。

 

ツルアリドオシ
f:id:i_ryuhey:20200730002116j:image

1-2cmほどの小さな白い花を2個セットで咲かせる蔓性の植物。赤い身をつけます。

 

 

山頂の見える見晴らし場
f:id:i_ryuhey:20200730002121j:image

 

この日は見えず。

 

 


f:id:i_ryuhey:20200730002130j:image

アルミ梯子があったり

 

 

 

あと120分

f:id:i_ryuhey:20200730004354j:image

このあたりが中ノ池。

 

 

 

オオバミゾホオズキ

f:id:i_ryuhey:20200730004357j:image

 

 

キヌガサソウ
f:id:i_ryuhey:20200730004403j:image

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200730004716j:image

冷たい空気が出ています。ここでちょっと涼みましょう。

 

 

ミヤマカラマツ
f:id:i_ryuhey:20200730004407j:image

カラマツソウと見分けが難しいですが、これはミヤマカラマツ。

花糸や托葉の有無が見分けのポイント。

 

 

急登を登り終えると、長野側からの登山道と合流です。

f:id:i_ryuhey:20200730004858j:image

 

このあたりからが笹平と呼ばれる平坦地。

山頂直下はかなり急登ですが、笹平から山頂までは百花繚乱のお花畑です。

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200730005414j:image

ハクサンタイゲキ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005438j:image

ハクサンフウロ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005419j:image

テガタチドリ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005357j:image

シラネアオイ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005341j:image

ミネウスユキソウ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005345j:image

タテヤマウツボグサ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005353j:image

イワシモツケ

 


f:id:i_ryuhey:20200730005348j:image

ミヤママンネングサ

 

 

 


f:id:i_ryuhey:20200730004902j:image

雨飾山北峰

 


f:id:i_ryuhey:20200730004854j:image

雨飾山山頂(南峰)1963m

 

南峰と北峰がありますが、区別する程の距離ではありません。

 

 

この日はガスって何も見えず。

本当であれば、白馬岳などの北アルプス火打山、焼山、戸隠山日本海などが一望できます。

 

 

スカッと晴れることはありませんでしたが、ゲストの皆さんには、お花を楽しんで頂けました。

天気の悪い日こそ、花や植物を楽しめるといいですね!

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

憧れの北アルプス南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致します。

お気軽にお問合せ下さい。

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

 

 

樹木医さん

今日は梅雨の合間の久々の晴れ!

 

f:id:i_ryuhey:20200719132100j:image

 

長野県の小谷村に来ています。

明日、ガイドの仕事で雨飾山に登るために、これから新潟県側の登山口である雨飾温泉に向かいます。

 

今は南小谷駅で一時間半の電車待ち〜

 

f:id:i_ryuhey:20200719132447j:image

 

待合室には、ゴザがあってビックリしました!

おかげでダラダラくつろぎながら書いています。

 

雨飾山のツアーもまた後日書きたいと思います。

 

 

今回は「樹木医」について。

樹木医」という言葉を聞いたことがない人も多いんじゃないかと思います。

 

まぁその名前の通り、樹木のお医者さんです。笑

樹木医の資格は樹木に関する幅広い知識が無いと取れない資格でとても難しい資格です。

 

元気がなくなった樹木を治療するわけですが、何が原因かを判断するのが、凄く難しいようです。

病気、虫の大量発生、気温、周辺環境、原因は様々ですが、もちろん樹木に聞いても答えてはくれませんし、治療してもその結果がすぐに出るわけではありません、、。

 

先日、知り合いの樹木医さんのお仕事の手伝いしてきたのでちょっと紹介したいと思います。

 

 

治療法は様々あるようですが、今回は最先端⁉︎の根っこからの治療です。

 

 

一つはサクラ、一つはマツの木です。

どちらも葉や花の付きが悪くなって元気がなくなってしまっているそうです。

 

作業は、まずは樹木の根を傷つけないように掘り出していきます。

 

f:id:i_ryuhey:20200719134208j:image

マツの根

 

f:id:i_ryuhey:20200719134352j:image

サクラの根(掘り出し途中)

 

 

かなり地味な作業ですが、丁寧にやらないと根を傷つけちゃうので慎重に。

 

樹木全体の写真を載せたいところですが、依頼主さんとの兼ね合いがあるので控えておきます。

 

 

樹の根にはいくつかの役割と種類があります。

 

樹が倒れないように支えるのが支持根といわれるもので、その内、真下に生えて支えているのが直根、横に広く伸びて支えているのが側根。

 

それらから吸収根(根毛)という細い根が出て栄養や水を吸い上げています。

この吸収根は養分を吸い上げるだけでなく、実は呼吸しています。

樹木の呼吸というと葉っぱから酸素を取り入れているイメージですが、根っこでも行われているんですね。

 

そのため、酸素を取り入れるため、地面から地下20cmくらいまでの間に吸収根があるそうです。

 

今回はその吸収根を掘り出して、剪定し、また新しくて元気な根が出るようにする作業を行いました。

 

ただ剪定するだけでなく、その樹にあった栄養のある土で根の周りを埋めます。

樹にとって良い働きをする菌も一緒にまきます。

 

そうすることで、樹自身が効率よく養分を吸い上げ、自分で元気になれるようにしてあげるんですね。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200719134511j:image

完成形はこんな感じ

 

あとは元気になってくれるのを願って待つばかり。

 

半年後、一年後が楽しみです。

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

中アのライチョウ保護増殖事業

 

ライチョウに少しでも興味のある方には、最後まで読んでいただきたいです。

 

以前投稿した記事を読まないと伝わらないと思うので、下記リンクも併せてお読みください。

 

ライチョウの保護増殖? - sAn trailsan-trail.hatenablog.com

 

 

 

さて世の中がコロナで大変なことになっている水面下で、中央アルプスのメスライチョウに有精卵を抱かせる計画が実施されました。

 

2018年頃に飛来したとされるメス1羽の元に上野動物園等の国内施設4か所から搬送した有精卵8個を抱かせることに成功したそうです。

 

そして8個の卵のうち5個が孵化。

その後ニホンザル10匹が原因となり、ヒナは全滅だそうです。

 

 

詳細は下記のリンク参照。

www.asahi.com

 

 

 

悲しくて虚しい結果です。

 

ほれみろ言わんこっちゃねえと、保護増殖検討委員の方々に言ってやりたい気持ちです。

 

 

 

この残念な結果を考えれば、この後予定されていた、北アルプス乗鞍岳ライチョウ3家族(20羽)の中央アルプスへの移入は当然ながら中止、もしくは延期して再検討されるべきでしょう。

 

 

ですが、、、

 

北アルプスから中央アルプスへのライチョウ20羽3家族の移入は予定通り行うとのこと。

 

 

上記のヒナ全滅は6月30日からの調査で判明したとのことです。

そして公表されたのは7月2日です。

すなわちこの日数から察するに、おそらくですが、サルがあらわれたことやヒナが全滅したことを踏まえた再検討はされずに予定通り決行の判断をしていると思われます。

 

 

クレイジーですね。

 

 

 

ライチョウは絶滅危惧ⅠB類に指定されています。

ライチョウの保護増殖事業と銘打っておきながら昨年も今年もヒナは全滅。

こんなことをして許されるのでしょうか。

 

 

環境省絶滅危惧種レッドリスト)のランクに関しては下記リンクを参照

環境省_レッドリストのカテゴリー(ランク)

 

 

 

一応、今年の2月に行われたライチョウ保護増殖検討会の資料リンクを貼っておきます。

 

 令和元年度第二回ライチョウ保護増殖検討会【資料一式(前半)】

 

 令和元年度第二回ライチョウ保護増殖検討会【資料一式(後半)】

 

※資料一式(前半)に委員の方々の名前の記載があります。

素晴らしい肩書きの方々ばかり。

なのになぜこんな計画がまかり通るのか不思議です。

 

実際は、検討委員の中のごく一部の限られた人間が決定権を握っているという話を耳にしたことはありますが、、、。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200705231148j:plain

 

※最後になりましたが私は研究者ではありません。私の尊敬する研究者・有識者から今までに教えていただいた知識をもとに、私なりに考えて書きました。


あくまで私見であり、書いた内容が全て正しいとは言いません。

 

これを読んで、シェアしたいと思った人は是非お願いします。

 

f:id:i_ryuhey:20200705231227j:plain

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ