sAn trail

登山ガイドオフィス サントレイル / 石島竜平の山道ブログ

戸隠スノーシュー

20201223-24

昨年末の話ですがガイドで戸隠へ

 

戸隠といったら戸隠神社や戸隠そばですが、今回はスノーシューを楽しんできました!

(もちろん戸隠そばも)

 

f:id:i_ryuhey:20210117131906j:plain

この日は最高の天気に恵まれました

 

 

今でこそ年末年始の寒波やちょっと前の大寒波で北陸や北信越などは大雪になりましたが、僕らが戸隠に行ったときは、まだそこまで雪が降る前。

 

本当は近場の上高地浅間山方面などを考えたのですが、スノーシューを楽しめるほどの雪はないだろーなーと。

 

でもあんまり遠いのも嫌だなーということで、移動2時間以内を目安に戸隠をチョイス。

 

我ながらナイスチョイス!

 

 

 

安曇野を8時くらいに出発し、10時くらいに戸隠神社奥社入口に到着。

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117133625j:plain

戸隠神社奥社の参道

雪は多くないですが十分スノーシューが楽しめるだけの雪はありました。

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117134022j:plain

スノーシューを履き履き

 

 

戸隠神社を参拝するのもありですが、今回は天気が良いので鏡池を目的地に設定。

森の中をスノーシューでのんびりウォーク。

 

f:id:i_ryuhey:20210117134158j:plain

 

 

各々好きなところを歩けるのがスノーシューのいいところ

f:id:i_ryuhey:20210117134415j:plain

 

 

 

でもいつの間にか一列に。みんな疲れると人の後ろを歩きだします。笑

f:id:i_ryuhey:20210117134601j:plain

 

スノーシュを履いているとはいえ、一歩一歩が沈みます。

 

この日は雪が少し重かったのもあって、みんな誰かの踏み跡を歩こうと自然と一列に。

 

こんなとき先頭は当然ながらガイドです。笑

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117135202j:plain

途中でのんびりお茶休憩。

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117135343j:plain

動物の足跡を追いかけてみたり。

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117135616j:plain

人型作ってみたり

 

ワイワイやってるうちに

 

f:id:i_ryuhey:20210117140009j:plain

鏡池に到着!

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117141534j:plain

 

絶景ですね!

左が本院岳(ほんのちょっと左に西岳)、右が戸隠山の山頂

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20210117195945j:plain

僕らが乗っている場所は鏡池の上

 

冬は凍結するため池の上を歩くことができるんですね~

冬ならでは!!

 

 

 

戸隠そばもしっかり頂きました。

紅葉シーズンなどでは行列でなかなか入れない「うずら家」さん

 

f:id:i_ryuhey:20210117223859j:plain

 

 

しっかり美味しいお蕎麦。

天ぷらも蕎麦湯も美味しいんです。

 

戸隠そばは写真のように5つの束にして盛る「ぼっち盛り」が特徴です。

 

この「ぼっち盛り」に関しては諸説あるのですが、5つの束は戸隠五社に祭られる神様の5を表しているんだとか、いないんだとか。

またぼっち盛りは、綺麗な束にして見た目も気にした盛り方であることから、昔は神様へのお供え物や、高貴な人へのおもてなし料理だったとか、そうでなかったとか。

 

さらにぼっち盛りは、神様を意味する法師と書いて「法師盛り」と書いたり、書かなかったり。

 

なんにしても、この地域の、戸隠信仰との密接な関わりのなかで戸隠そばは、

「ぼっち盛り」という特徴的な盛り方に落ち着いたんでしょうね!

 

 

 

皆さんも、スノーシューと戸隠そばと戸隠神社を全部まとめて堪能しに行きませんか?

待ってまーす!

 

sAn trail | 登山ガイド / 石島竜平はこちら

長野県安曇野在住の登山ガイド。

憧れの北アルプス南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致しますのでお気軽にお問合せ下さい!

☆LINEでもお問い合わせ可能です。
ID検索で「@164ehykx」を検索していただくか、下の友達追加ボタンか、サイドバーのQRコード読み取りからお願いします。

 

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

 

 

静かな雲取山へ

2020/11/15-16

 

もう1ヶ月ほど前ですが、ガイドのご依頼を頂き雲取山へ。

 

いつも忙しさにかまけて、更新せずに月日が流れてしまう、、( ;´౪`)

 

 

 

さて、雲取山は今何かと話題の山ですね。

 

 

全集中!!して最後まで読んでね。

 

読み切った時には

 

山の呼吸!!!

が使えるようになっているはず。

 

 

東京都の最高峰ということもあって東京の山というイメージが強くなっていますが、実際は埼玉と山梨の山でもあります。

 

正確には三角点のある山頂は埼玉と東京の県境で、山頂の50mくらい南が山梨と埼玉と東京の県境になっています。

 

 

 

こんな感じ。

緑のピンが雲取山の山頂。

f:id:i_ryuhey:20201208194727p:image

 

 

 

 

 

 

雲取山は東京近郊の人が登山口まで比較的近くて2000m越えの山なので、結構人気の山なんです。

 

特に紅葉の時期はけっこう賑わうんです!

 

 

でも今回は 紅葉が終わったあとの静かな時期の雲取山

 

 

 

 

登山口で準備をしていざ出発!

f:id:i_ryuhey:20201208210830j:image

ここが一番ポピュラーな登山口。

 

 

 

登山口では、

「2日連続で遭難騒ぎがあったから皆さん遭難しないようにね〜」

とオジさんが声かけしてくれてました。

 

 

 

結局、僕らが登った日の夕方に1人、滑落した人がいたので3日連続になってしまいましたが。

 

 

 

 

今回は女性のお客様お1人!

マンツーマンというやつですね。

他のお客さんがいない分、ゆっくり歩けます(^^)

 

山の話や、くだらない話、次の山の話なんかをしながら歩けます。

 

f:id:i_ryuhey:20201208210842j:image

 

落ち葉が落ちたあとの静かな山。

 

 

 

前半はこんな感じの道が続きます。

f:id:i_ryuhey:20201208212057j:image

 

 

 

 

七ツ石小屋付近から富士山が見え始めます。
f:id:i_ryuhey:20201208210837j:image

 

 

 

 

この九十九折を登れば七ツ石小屋

f:id:i_ryuhey:20201208212354j:image

 

 

 

七ツ石小屋でトイレと休憩タイム

 

今回は七ツ石山には登らず、巻道を通ってブナ坂へ。

 

 

 

センターにあるのが有名なダンシングツリー

f:id:i_ryuhey:20201208210846j:image

 

 

 

天気はバッチリ!

 

ここからは気持ちのいい稜線歩き!

 

 

富士山もバッチリ!
f:id:i_ryuhey:20201208210833j:image

 

 

 

マルバダケブキの綿毛

f:id:i_ryuhey:20201208213721j:image



写真を撮り忘れてしまいましたが、この付近に今は無くなってしまった、奥多摩小屋という小屋とそのテン場があったんです。

 

小屋が営業を辞めてしまったため、テン場も使えなくなりました。

 

 

 

奥多摩小屋のテン場(過去の写真)

f:id:i_ryuhey:20201208205902j:image

(過去の写真)

f:id:i_ryuhey:20201208205857j:image

 

富士山や夕日が綺麗に見えるいいテン場だったんですけどね〜

使用出来なくなってしまったのが残念でなりません。

 

 

 

 

旧テン場を過ぎると、雲取山の前衛峰的な小雲取山の急坂へ

 

 

振り返ると七ツ石山。中央奥には三頭山。
f:id:i_ryuhey:20201208214326j:image

 

 

 

稜線に出てからはずーと富士山が見えています。

f:id:i_ryuhey:20201208214655j:image

 

キツイ登りも時折止まって富士山を見て休憩。

 

 

 

山頂の避難小屋が見えたらあとちょっと!

f:id:i_ryuhey:20201208214930j:image

 

 

山頂からの富士山は格別!

f:id:i_ryuhey:20201208215107j:image

 

カッコいい写真!!

 

 

 

一緒にパシャリ
f:id:i_ryuhey:20201208213632j:image

 

2016年頃に新しくなった標識。

東京都と埼玉県の標識。

 

お客さんと2人で

「ちょっと墓石みたいですよね」と笑

 

 

 

いい景色。百名山なんです。
f:id:i_ryuhey:20201208215102j:image

 

山頂から雲取山荘までは20分ほど。

 

 

 

雲取山

f:id:i_ryuhey:20201208220018j:image

 

タツが最高な小屋なんですよ〜

 

 

 

 

翌朝の朝日

f:id:i_ryuhey:20201208220139j:image

横着して部屋から撮影。笑

 

 

 

 

 

2日目は霧藻ヶ峰を通って埼玉県側へ下山です。

 

 

 

途中、広葉樹の森が綺麗でした。

f:id:i_ryuhey:20201208220237j:image

 

 

 

 

カフカの落ち葉を踏み締めながら。

時折、振り返ったり、見上げたり。


f:id:i_ryuhey:20201208220151j:image

 

「落ち葉が落ちてくる音がいいね」

 なんて言いながら

 

 

 

三峰神社に無事下山。

f:id:i_ryuhey:20201208220144j:image

 

 

 

 安曇野在住ですが、出身が東京ということもあり今回は東京都の山をご案内。

これからの季節は、難しい時期に入っていきます。

しっかり準備して安全登山で行きましょう~

 

ガイドのご相談や、登山道具のご相談などもお待ちしてまーす!

 

 

sAn trail | 登山ガイド / 石島竜平はこちら

長野県安曇野在住の登山ガイド。

憧れの北アルプス南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致しますので
お気軽にお問合せ下さい!

☆LINEでもお問い合わせ可能です。
ID検索で「@164ehykx」を検索していただくか、下の友達追加ボタンか、サイドバーのQRコード読み取りからお願いします。

 

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

 

 

登山用品を購入するなら

 2020/12/04

 

今年の春頃から働かせて頂いたカモシカスポーツ松本店。

11月末をもって最後の勤務を終えてきました。

 

 

夏ごろから本業?が忙しくなり、あまりシフトに入れなくなってしまったのが理由です。 

 

 

正直、もっと働きたかったという気持ちはありますが、お店にはたくさんわがままを聞いて頂いたので、本当に感謝!!

 

一緒に働いたスタッフの皆んながいい人で、カモシカ松本店はいいお店だなぁとしみじみ思います。

(自分は本店も横浜店も行ったことないのですが、そっちの方もいいお店のはず!)

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20201204220655j:plain

カモシカ松本の店長は、毎日お花に水をあげている心優しい人

(写真は夏のひまわり)

 

 

 

 

期間は短かったですが、本当にカモシカで働いて良かった!!

 

スタッフがいい人なのはもちろん、

色々と製品についての知識は勉強になることが多かったし、道具を買いにくるお客さんの気持ちを知れたのは大きかったなぁと。

 

特に登山初心者の方々の接客をして、忘れていた自分が初心者だった時のことを思い出しました。

あぁー、自分もこんな感じだったなぁと。

 

 

 

自分が接客をしたお客さんに多かったのが

①一つで済ませたい

②値段で決めがち

③フィッティングを知らない

↑↑↑この3パターン多いと思います。

 

①は特にザック!靴なんかも。

日帰りも小屋泊も、なんならテント泊も一つのザック、靴で済ませたい!

 

皆さん思ったことありません??

 

登山用品は安いものじゃないので、自分も気持ちはよーーくわかります。

自分が登山を始めたころは、学生でお金もなかったので、同じことを思っていました。

今もお金はありませんが、、(・_・;

 

 

しかも登山道具って嵩張って邪魔なんですよね。

いっぱいあると家族には色々言われがちだったり、、。

できればまとめられるものは一つで済ませたいですよね。

 

ウチは妻に「ザックも靴もこんなにいるの?足何本あるの?」

とよく言われます。笑

 

自分は仕事道具なのでヒラリとかわしますが、

家族からの冷たい視線、、、お察しします。

 

 

 

 

 

ザックの接客で多かったのが

「小屋泊とテント泊のザックを一つにしたい」

 

ダメじゃないんですが、あまりオススメしません。

 

 

日帰りで大きすぎないように、そして小屋泊にもイケるギリギリサイズを狙って25〜30リットルくらいを選ぶ人が多かったです。

 

でも日帰り登山に25〜30リットルのザックは大きいし、逆に小屋泊で使うには小さいってことになっちゃったりして。

 

結局どっちつかずな感じになりがちです。

 

なので、家族の冷たい視線に負けず、出来るだけ用途に合わせて、それぞれを購入することをおススメします。

 

 

②の値段で決めがち

同じような製品だと、安い製品に流れがちだったりするんですが、

 登山用品は長く使うものが多いので、単に安い方を選ぶのはオススメしません。

(もちろん高ければ良いというものではありません)

 

自分も安い方を選びたくなりますが、機能や用途に合ったものを選ぶようにしています。 

 

 

あとは安いからネットで買うという人が結構多いです。

 

このあとの③の部分につながるのですが、用途やサイズ等が自分に合っていることが大切なので、ちゃんと自分に合うものを実際の商品をみて、購入することをオススメします。

命を守るものでもありますしね!!!

(ネットで購入することが悪いわけじゃありません)

 

 

 

 

③のフィッティングを知らない

というのは、靴だったり、ザックだったり、アイゼン、ゲイター、ストックなどなど。

 

 

ザックは体格によって合う合わないがあります。

 

靴は足型によって合う合わないがあります。

 

アイゼンやゲイターは靴の形やサイズによって。

 

ストックは身長や用途によって。

 

 

登山道具はちゃんと合う物を選ぼうと思うと、デザインで選べないことも多々あります。

 

 

そういうこともあって、

ちゃんと選べていない人は、けっこう多いと思います。

 

皆さんはどうですか?

 

 

 

 

 

 

じゃぁどうやって選ぶの???っていうのは

 

〈信頼できる〉店員さんに聞きましょう!

これが一番!!

信頼できるかどうかっていうのが一番大事なんですが、

そこのところは自分で判断するしかありません。

 

信頼できる知人から良い店員さんを紹介してもらうのもいいですね!

 

 

個人的にはヒイキでなく、カモシカスポーツ松本店はちゃんとしたお店なのでおススメです!

自分は信頼しています。

 

 

あとはガイドと一緒にお店に行って、一緒に選ぶっていうのもオススメですよ!

 

ということで、sAn trail / 石島竜平 も道具購入のサポートを行っているので、道具選びに困っている方は、一緒にカモシカ松本店に行きましょう!笑

 

 登山用品を購入するなら、カモシカスポーツ松本店へ!

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド / 石島竜平はこちら

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

憧れの北アルプス南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致します。
お気軽にお問合せ下さい。

☆LINEでもお問い合わせ可能です。ID検索で「@164ehykx」を検索していただくか、下の友達追加ボタン、サイドバーのQRコード読み取りからお願いします。

 

   にほんブログ村 アウトドアブログへ