sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

機能と選ぶポイント?ヘッドライトの話③

 

 

san-trail.hatenablog.com

 

 

先日、明るければいいのか?という話と

 

ルーメンとは何なのか?というのを書きました。

 

 

san-trail.hatenablog.com

 

 

 

今回はヘッドライトにはどんな機能やタイプがあるのか?

 

①明るさ調整機能

②可動時間(照射時間)

③電池or充電式(兼用タイプも)

④防水機能(防水レベル)

⑤照射モード(ワイド、赤色灯、点滅)

 

 

 

 

①明るさ調整機能

明るさについて前回、前々回の記事も併せて読んでください。

最大の明るさも大切ですが、明るさを調整出来ることも大切です。

 

明るさは3段回くらいで調節出来るものがオススメ。ボタンを押す長さによって、自分の好きな明るさに調節出来るタイプもあります(無段階調節機能)

 

 

②可動時間(照射時間)

可動時間(電池持ち)は多くのヘッドライトは照射レベル強で〇〇時間、中で〇〇時間、弱で〇〇時間のように表記されています。

 

下の写真はペツルのティカというライトの性能表

 

f:id:i_ryuhey:20200225111207p:image

 

強(300lm)で使い続けた場合は2時間

中(100lm)で使い続けた場合は9時間

弱(6lm)で使い続けた場合120時間

 

最長〇〇時間などの表記もありますが、それは弱で使い続けた場合の時間なのであまり意味はありませんね。

ティカの場合は最長120時間ということになりますが、ずっと弱出力で使い続ける状況はほとんどありませんので。

 

可動時間の目安は、最大もしくは中出力の可動時間を基準に考えましょう。

何泊するか、どんな行動をするかによっても異なりますが、照射レベルが中で8〜10時間くらいはあった方がいいです。

 

 

③電池or充電式(兼用タイプも)

乾電池式と充電式どちらがいいか?

個人的には充電式もしくは兼用タイプがおすすめです。

 

ヘッドライトで中途半端に使った乾電池をどうするか?というのは、多くの人の悩みの種だったりします。

次回そのまま使うと、歩いている途中で交換しなければならなくなるかも。

毎回新しい電池に交換してから持っていくと、中途半端に使った電池が増えていきます。

 

でも充電式であれば、登山が終わって家に帰るたびに充電しておけば、毎回満タンの状態から使用できます。

最近はモバイルバッテリーを持ち歩く人も多いと思うので、山小屋やテントの中でも充電可能です。

 

充電式のタイプは乾電池も使える兼用タイプになっていることが多いので、予備で乾電池を持っておけば、いざ歩いている時に電池がなくなっても安心です。

 

 

少し話は変わりますが、ヘッドライトの中には電池を入れる部分が後頭部側についている、別ボックス型があります。

別ボックスタイプは一体型よりも電池を多く使用するため、高照度・長時間使用が可能ですが、その分重くなります。

 基本的に山で使うのであれば、一般的な一体型を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

④防水性能(防水レベル)

 

ヘッドライトの防水性能はIP規格という基準をもとに表記されています。

 

IP規格は防水だけでなく防塵の規格でもあり、

IPとはInternational Protectionの略。

 

IPX6やIP4X、IP55といったような表記方法で、IPの隣の左側の数字が防塵レベルを表し、右側の数字が防水性能を表します。

 

IPX4であれば、防塵に関するテスト行っていないのでXで表し、防水レベルは4ですよということ。

IP4Xであれば、防塵レベルは4ですが、防水のテストは行っていないのでXと記載されます。

 

IP55であれば、防塵・防水どちらもテストを行い、どちらもレベル5という表記になります。

 

ペツルの販売元であるアルテリアの下記サイトがわかりやすいので参考までに。

www.alteria.co.jp

 

 

 

 ⑤照射モード(ワイド、赤色灯、点滅)

 

ヘッドライトの機能には、通常の照射モードの他に赤色灯、点滅などの機能があります。

点滅昨日は、遭難時などに自分の居場所を知らせる場面などで使用しますが、通常はあまり使用しないので、なくても問題はないかと思います。

 

赤色灯は小屋の中やテントの中で、消灯後に周りに迷惑をかけないようにするために使います。特に小屋利用の人には必須の機能です。

 

他にも、機種に色々な違いがあります。

足元などの近場は、広範囲を照らせるワイド照射になっているものもあれば、

照射する範囲の明るさが均一になるようなライトもあります(通常ライトは中心が一番明るく、外側に行くほど暗くなっていく)

 

 

まとめ

①~⑤まで色々と書きましたが、自分が行う登山に必要な機能を選ぶことが大切です。

その上で、重さや操作性も検討してみてください。

 

購入する時は、素手でライトを触るので操作性はどれも変わらないように感じるかもしれませんが、実際使用する際は手袋をはめているケースが良くあります。

手袋をしたままでも操作しやすい、ものを選ぶのもポイントです。

 

モードの切り替え方が複雑なもの、結局使いこなせなくなってしまうので、購入する際はその辺も良く検討してみてください。

 

 

ということでヘッドライトの話はここまで~

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

 

そもそもルーメンて?ヘッドライトの話②

前回の記事でヘッドライトは明るければ良いって訳ではないですよ!というのを書きました。

 

今回はその明るさについて!

 

ヘッドライトの明るさはルーメン(lm)で表されていますが、明るさの単位にはルーメン(光束)以外に、ルクス(照度)やカンデラ(光度)、ニト(輝度)といったものがあります。

 

カンデラなんかはクルマのライトの明るさ表記によく使われています。

 

f:id:i_ryuhey:20200219184952j:image

出典: 大作商事HP

光源、光束、照度、光度、輝度の違い | 大作商事

 

 

上記サイトによるとルーメンとは光源が放つ単位時間あたりの光の総量のこと!

まさに光源がどのくらいの光を放っているかを表す単位なわけです。

 

単位時間あたりっていうと難しく聞こえるかもしれませんが、今回の場合は1時間あたりと思って大丈夫です。

1時間あたりに光源であるヘッドライトが放つ光の総量のことを、〇〇ルーメンと言います。

 

(単位時間とは1時間、もしくは1分、1秒などそのとき扱っている時間の1単位あたりという意味。単位面積であれば1㎡や1㎢など)

 

 

 

少しややこしいのは、ライトは必ずしも同じ範囲を照らしているわけではないということです。

ルーメンは光源が放つ単位時間あたり(今回は1時間あたり)の光の量を表すので、同じ100ルーメンのライトでも狭い範囲を遠くまで照らすライトと近くを広範囲照らすライトがあるということです。

 

例えば、、

・2㎡の範囲を10m先まで照らせるライト

・5㎡の範囲を2m先まで照らせるライト

 

こんな感じで2つの違うライトでも、単位時間あたりの光の総量が同じであれば、どちらとも同じルーメンになります。

 

 

ヘッドライトと一概に言っても、ワイド照射を特徴としている物もあれば、遠くを照らすことを得意とする物もあります。

 

広範囲を照らすワイドモードと、狭い範囲を照らすスポットモードの両方があるライトもあったり。

 

このあたりの違いを知っておくとヘッドライト選びにちょっと役に立つかもしれません。

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

明るいほど良い?ヘッドライトの話。

仕事で茨城県の鹿島の方に来ています。

 

 

今回は山ではなく川。

流域面積日本一の利根川の河口近くで環境調査のお仕事です!

 

夜間調査があるためヘッドライトを装着!

 

 

私の愛用しているヘッドライトはペツルのティカR +という4年ほど前に発売したモデル。

明るさは最大で170lm。

 

f:id:i_ryuhey:20200212021031j:image

かなり気に入ってます!

理由は後ほど。

 

 

今回、一緒に仕事をしている人はレッドレンザーの明るさ最強モデル。

なんとMAX1000lm!最大照射距離300m!

 

f:id:i_ryuhey:20200212015648p:image

 

写真の通り重量級ですがとにかく明るい!

車に近い明るさです。

登山には重すぎますけどね。笑

 

最近はとにかく明るいヘッドライトがバンバン出ていて、登山用の小さいものでも900lmなんてものも。

 

 

でも登山にその明るさが必要なのか?

というのが今回のテーマ。

 

 

結論から言えば、用途次第ではありますが一般登山道を歩くだけであれば、200lm以上は基本的には必要ないです。(個人的な考えです)

 

 

ヘッドライトの明るさはlm(lumen/ルーメン)で表されます。光束(光の量)を表す単位のことで、数字が大きいほど明るくなります。

 

 

 

私が初めて買ったヘッドライトはペツルの40lmのもの。笑

 

自分が登山を始めた頃は、40lmのヘッドライトが当たり前で、明るくても80lmくらいだったんじゃないかな?

 

さらに昔は豆電球のヘッドライトだったらしいですよ??

 

昔の話ですが、極端な話は40lmのヘッドライトでも歩けたわけです。

 

 

それが今では200lm、300lmなんて当たり前。

ここ数年の話なので急激な技術進歩です。

 

もちろん今更40lmのヘッドライトを使えと言うつもりはありません。笑

 

 

 

ただ、ヘッドライトは明るければ明るいほど良いと思っている人がいるのですが、そんなことありません。

 

明るい方が安心感は増すと思いますが、明るすぎると目が疲れますし、近くの物が見づらいです。

 

トレランのようにスピーディに動く必要がある場合、ある程度遠くの地形まで把握したいので明るいほうが良いですよね。

 

それでも300lmあれば十分こと足りると思います。欲張っても400lmくらいなんじゃないかな?

 

 

 

 

では登山にはどのくらいの明るさが必要なのか?

一般登山道を歩くだけであれば、最大200lmあれば十分です。

 

最大出力が200lmでも300lmでも、さらにそれ以上でもいいんですが、3段回くらいの調整機能があるものをオススメします。

たとえば最大で300lm、中で100lm、弱で20lmみたいな感じ。

 

・300lmは遠くまで見たいとき

・100lmは歩くとき

・20lmは小屋での使用や手元を照らすとき

 

 

ずっと最大出力だと周りにも迷惑ですし、樹林の中などだと樹木や葉に反射し、眩しくて邪魔になることもあります。

あとは暗いところと明るいところの差が大きいと目が疲れます

 

照射レベルが使い分けられる物を選びましょう!!

あと、小屋を利用する人は赤色ライト必須です!

 

 

 

一番最初にも言いましたが、私はティカR +という4年ほど前のモデルを使用しています。

 

最大照射は170lm。

 

ちょっと上位モデルのティカRXPも凄くいいです。こちらは最大照射220lmだったかと。

 

 

これらのモデルのいいところは「リアクティブライティングテクノロジー」搭載!

 

簡単にいうとセンサーによって明るさを感知して、自動でその場にあった明るさに合わせてくれます!

 

遠くを照らせば明るくなり、手元を照らせば手元が見やすい明るさになります。

 

なんて便利!!

 

 

f:id:i_ryuhey:20200212173740p:image

 

性能は写真の通りです。

 

自動調光が必要ない時は、一定の明るさを保つモードにも出来ます。

(写真下部記載コンスタントライティング)

 

 

 

ティカR +とティカRXPの後継モデルは現在リアクティック+というモデルになってるみたいです。

 

スイフトRLというモデルが最新のようですが、最大900lmの代物なので、一般登山にはオーバースペックといったところです。

 

上記したペツルのヘッドライトは全て充電式なのもいいところ。

(別売のアダプターを買えば乾電池も使える)

 

乾電池式だと、中途半端に使った電池の保管にに困ることが多いと思います。

充電式か乾電池式かも選ぶ際のポイントです。

 

 

 

ブラックダイヤモンドやレッドレンザー、マイルストーンなど、色んなメーカーから多種多様なヘッドライトが発売されています。

 

適当に買わずに下調べをしたり、店員さんに色々聞いて理解した上で買いましょうね〜

 

私もそろそろ買い替えまーす!笑

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

登山の装備

 

san-trail.hatenablog.com

 

 

奥多摩や丹沢あたりに登りに行ってみようかな〜

 

なんて思って、まず心配になるのが装備だと思います。

 

 

何が必要なのか?

 

1番確実なのは信頼できる経験者に教えてもらうことですが、そういった人が身近にいない人は、、

 

 

とりあえずネット検索でOK!

 

検索すると大体は下記の物が出てくると思います。

 

 

・登山靴  ・化学繊維の動きやすい服(コットンはNG)

・ザック  ・雨具

・防寒具  ・帽子

・手袋   ・ヘッドライト

・ファーストエイドキット

・地形図 ・コンパス

・水・食料

 etc、、、、

 

 

私が実際に検索してみて、良さそうだなと思ったのがこのサイト。

→ 初心者のための登山とキャンプ入門

 

このサイト内の全てを見たわけではありませんが、初心者向けに優しく書いてくれているので良さそうです。

装備や服装のことだけでなく、色々なことについて書いてくれています。

 

 

・上記サイトの装備や服装なんかについてはこのページ

 → 登山の装備と持ち物リスト | 初心者のための登山入門

・服装のレイヤリングに関してはこっち

 → 登山の服装 / 初心者のための登山・山歩き入門

 

 

 

あとはモンベルのこのページなんかも

→ モンベル |  はじめての山歩き【登山の基本装備・春夏編

 

登山に必要な物はモンベルに行けば大体そろいます。

登山ブランドの中では、安めの商品が多いので、とりあえずお店に行ってみるのもいいかもしれません。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200205125706j:plain

 THULEの28Lザック

 

 

 

紹介したサイト以外にも、色んなサイトがあると思います。

それらを比較して、信頼できそうなサイトを参考にしましょう。

 

 

もちろん登山入門系の雑誌とかで調べるのもOK!

 

 

 

 

ただ、ネットや雑誌に書いてある道具を全部、登山用品店で揃えたら、安くても10万円くらいは簡単にいっちゃいます。

 

いきなり10万円は払えないよー!

というか、まだ登山にハマってもいないのいきなり10万は払いたくないですよね。

 

 

 

そこで朗報!

登山用品でなくても、代用できるものもあります。

 

 

服装は化学繊維の動きやすい服と言われていますが、スポーツをやっていた人であれば、すでに持っている化繊の服でもOK!

防寒着でいったら、ユニクロのウルトラライトダウン、手袋はワークマンなんかのものが使えます。

 

もちろん登山メーカーの物は登山用に考えられているので、全てそれで揃えられるに越したことはありません。

でも徐々に揃えていけば全然OKです!

 

 

登山靴、ザック、雨具は、出来れば登山メーカーの物にしましょう。

 

 

日帰りの低山ハイクであれば、ザックは普段使いの物、雨具はポンチョ、靴はスニーカーでもいいかもしれません。

 

でもこの3つはとても重要な装備なので、これから登山を続けていこう!

 

と思った人は、色々な登山用品店の色々な店員さんに話を聞いて検討することをオススメします。

 

色んな店員さんに聞くというのは、店員さんの中にも詳しくない人はいるので、色々聞いた中で、信頼できそうな人から購入すると良いと思います。

 

 

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200205130011j:image

 

上の写真は10年近く前に、私が初めて買ったレインウェア。

当時、見た目が気に入って、GORE-TEXだしいいだろう!と奮発して5万円くらいで購入。

 

ご、、ごまんえん。。

 

 

レインウェアと一口に言っても用途によって色々異なります。そこを知らずに見た目買いしちゃいました。

このレインに5万円の価値はなかったなー。

 

 

 

今思うと、もっと色々考えてから買うべきだったと反省です。

 

もう色がくすんで汚いし、防水性も落ちちゃっているので、汚れ作業用などに使っています。

 

10年近く使っていると考えれば5万円の価値はあったのかも?笑

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

ゆるゆると

 

今年はこのブログを読む人が少しでも有益なことを発信していきたい!

 

ということを年明け早々宣言しました。

パチパチパチ〜👏

 

それはいいことなんです。

 

 

でもちゃんと書こうと思ったら、

デタラメなことは書けないし、しっかりと内容を考えたり確認しないといけません。

 

もともと文章を書くのは得意じゃなくて、けっこう時間かかっちゃったりして( ;´౪`)

 

そしたら書くの嫌になっちゃって。笑

 

 

そうなると元も子もないので、

気負いせず、ゆるい記事も織り交ぜながらこのブログをやっていこうかなーと思った次第です!

 

 

f:id:i_ryuhey:20200130002450j:image

 

これは安曇野の白鳥湖!

その名の通りこの時期、ハクチョウが飛来する湖!

今年は暖冬の影響で少ないらしいです。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200130002401j:image

ハクチョウさん

 

双眼鏡を使ってアップで撮ってみました。

なんか盗撮みたい。笑

 

 

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

東京都出身。長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。

登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

sAn trailの初登山

 

san-trail.hatenablog.com

 

 

 

少し前の記事で、いきなり富士山に行くのはおススメしません!

 

とかなんとか偉そうに言いましが、

 

私は登山を始めた頃、いきなり富士山に行きました!!!!笑

一応、その前に高尾山に登りましたがほとんどいきなりですね。

 

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200127204839j:plain

 高尾山 :稲荷山コース

 

 

 

私の初めての登山は、大学生の時。

 

富士山に登ろう!

と思い立ったわけですが、いきなり富士山に登るのは心配だし、とりあえず近場の高尾山へ登ったのが始まりでした。

 

初めての登山は疲れたけど、なんだか楽しかったのは覚えています。

富士山も綺麗に見られたし〜

 

 

私は、このあと高尾山から富士山に大幅なステップアップをしちゃったわけですが、若気の至りです。笑

これを読んでる皆さんは、もう少し段階を踏んでから富士山にチャレンジしてください。

 

 

 

今思えば、高尾山と富士山じゃ、歩く時間も距離も標高などの条件も、全てが違うので、富士山に行く前に高尾山に1回登ったくらいじゃ、ほとんど意味はなかったと思います。

 

 

でも、登山初心者にとっては全てが未知なわけで、そういうこともわからないもんです。

 

そして初めての登山!高尾山に行った時の服装はジーパン、ポロシャツ、スニーカー!

雨具も持っていませんでした。

ちょっと山をなめてますね。笑

 

まぁ高尾山なのでありと言えばありですが、、、。

 

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200127205208j:plain

富士山:吉田口コース

 

 

 

さすがに富士山に行くときは色々と調べて、買ったり借りたりして登山靴、ザック、ダウン、雨具くらいは揃えました。

でも手袋は軍手でした、、、、。

 

ご来光登山だったので、日の出までの時間は、めちゃめちゃ寒くて凍えました。

 

富士山の夜は、夏なのに冬!ってくらい寒いんです。

 

一般的に標高が100mと上がるごとに0.6℃気温が下がるので、富士山山頂(3,776m)と平地(0m付近)では単純計算で約22℃の気温差になります。

風があれば体感温度はさらに下がるので、そりゃ寒くて当たり前だし、軍手なんかじゃ耐えられるわけありません。

 死ぬほど寒い想いをしました.。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200127205422j:plain

富士山:山頂直下の渋滞

 

 

それでも、富士山に登った達成感とご来光は嬉しいものでした。

 

 

ちなみに一緒に登った友達は、7合目くらいから高山病になり、かなり辛そうでした。

当時は高山病の知識なんて全くなかったので、頑張って一緒に山頂まで登りましたが、すぐに降りた方が良かったんでしょうね。

 

あのときは何事もなくて本当に良かった。

高山病の知識を付けた今、改めてそう思います。

 

 

 

 

実際のところ、私のようにいきなり富士山にチャレンジしたけど、登れちゃった人は沢山いると思います。

その反面、高山病、雨風、体力不足、知識不足などでツラい想い、途中で撤退をする人もいます。最悪は死んじゃう人もいます。

 

せっかく行くなら安全に楽しんで欲しいので、いきなり富士山に登るのは、オススメしていません。

 

是非、これから富士山に挑戦しようという方は、しっかりとした知識を持って、無理せず安全に楽しみましょう!

 

 

f:id:i_ryuhey:20200127205544j:plain

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

東京都出身。長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。

登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

登山入門におススメの山?


san-trail.hatenablog.com

 

前回記事では、登山初心者がいきなり富士山に登るのはオススメしませんよー

ってことを書きました。

 

 

じゃぁ、初めて山に登るならどんな山がいいのか!?

 

①登山口や登山道がわかりやすい 

②登山者がそこそこいる季節を選ぶ

③標高が2000m以下の山

④登山口と山頂の標高差が大きすぎない

 

 

 

①と②は気持ち的に安心ですよね。

最初は登山口がどういう所なのかもわからないと思います。

 

③標高が2000m以下の山

→ 標高が高くなるほど気温は低くなります。また風や日射を遮る樹木も次第になくなっていくので、標高が高くなるほど様々なリスクが増えます。

山の天気は変わりやすいと言いますが、標高が高いほど天候の変化も早くなるので、最初は標高2000m以下の山をお勧めします。

 

④登山口と山頂の標高差が大きすぎない

→ 体力に自信のある人でも最初は標高差900m以内のコースにしておくことをお勧めします。

一般的に言われているのが、標高差300mを登るのに必要な時間は約1時間です。900mであれば3時間。これに下山や休憩の時間を含めれば、下山が完了するまでに6時間程度は必要です。

また、山頂の標高が1000mだったとしても登山口の標高が0mであれば、1000m登る必要があります。

逆に標高3000mの山でも登山口が標高2500mであれば500mしか登らなくていいわけです。

必ずしも標高の高い山=大変というわけではないんです。

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200120215416j:plain

 

じゃぁ具体的にどんな山!??

というと

 

・高尾山(東京都)

・御岳山(東京都)

・三頭山(東京都)

丹沢山系の大山(神奈川)

・箱根の金時山(神奈川)

大菩薩嶺山梨県

筑波山茨城県

 

 

これだけではありませんが、初心者にオススメの山は関東近郊でいえばこのあたりです。

 

関西方面は詳しくありませんが、六甲山とか伊吹山などは有名ですね。

 

上記した山は、標高が低い山のため、真夏は暑すぎるので春や秋がおすすめ。

 

あとは「山と渓谷」「PEAKS」「ワンダーフォーゲル」「ランドネ」

といった登山雑誌の入門向けのバックナンバーを参考にするのもいいですね!

 

自分で選べない!不安!!

という人は、もちろん登山ガイドのツアーに参加するのもありです( ^^) 

 

 

行きたい山が決まったあとは、ヤマレコやヤマケイオンラインなどの登山記録投稿サイトが参考になります。

(可能な限り新しい投稿参考にしましょう!)

 

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。