sAn trail

登山ガイドオフィス サントレイル / 石島竜平の山道ブログ

2018/7月 奥穂高岳ツアー③

2018/7月中旬

 

3日目も最高のお天気!

穂高岳山荘 ➡ 奥穂高岳 ➡ 紀美子平 ➡ 岳沢小屋 ➡ 河童橋  

 

朝食を食べて奥穂高岳へ向かいます。

(朝食の写真は撮り忘れてしまいました)

 

f:id:i_ryuhey:20180727221542j:plain

奥穂高岳への登り


山荘から奥穂高岳への登りは、出だしにこうしたハシゴが連続します。

ハシゴが終われば、あとは岩稜帯歩きになり小屋から約1時間で山頂です。

 

f:id:i_ryuhey:20180727223621j:plain

 

 

山頂からは天気が良ければ、槍ヶ岳、ジャンダルム、表現座、上高地と360度のパノラマが楽しめます。

f:id:i_ryuhey:20180727223812j:plain

手前から涸沢岳北穂高岳槍ヶ岳

 

f:id:i_ryuhey:20180727223805j:plain

ゴールの上高地河童橋。奥に乗鞍岳、さらに奥には御嶽山



 

奥穂高岳からは吊り尾根を歩いて、前穂高岳への分岐の紀美子平へ約1時間半。

 

鎖場の多い、下り基調のトラバースの登山道です。

 

f:id:i_ryuhey:20180727225132j:plain

 

一歩間違えれば真っ逆さまで助からないので要注意!

 

 

f:id:i_ryuhey:20180727225145j:plain

奥穂高岳を振り返る。

 

 

今回、紀美子平から前穂高岳のピストンは行わずに岳沢小屋へ。

重太郎新道をあるいて約2時間。

重太郎新道は本当に急で、とっても事故の多い道です。

下りに使用するかたは特に要注意!!

 

セーフティファースト(安全第一)で降りたので写真はありませんでしたw

 

 

f:id:i_ryuhey:20180727225839j:plain

岳沢のテン場から吊り尾根を見上げる。

 

 

岳沢小屋で長めのお昼休憩をとって上高地へ約2時間。

 

上高地との中間ぐらいに風穴があります。

 

f:id:i_ryuhey:20180727230015j:plain

風穴。天然のクーラー。


風穴は、積み重なった岩石の間に、冬の間に入り込んだ雪や雨が氷となり、中の冷たい空気が吹き出す天然のクーラーです。

 

中にできた氷は、地上の温度の影響をあまり受けないため、夏の終わりごろまでは残るそうです。

そのため、夏の間は天然のクーラーを楽しむことができます。

 

この風穴から吹き出す空気は本当に冷たく、風穴の前でじっとしていると真夏でも寒くなるくらいです。

 

涼しい空間を楽しんだら、また上高地を目指します。

 

 

なんとゴールの上高地の写真を撮り忘れてしまいました!笑

 

3日間天気に恵まれた最高のツアーになりました。

NZからのお客様も本当に楽しんでいただけたようです。

 

今回はお花の紹介はあまりしませんでしたが、イワツメクサチシマギキョウ、オトギリソウやミヤマダイコンソウ、ウサギギク、ニッコウキスゲなどお花も楽しむことができました。

 

f:id:i_ryuhey:20180727231322j:plain

イワツメクサ