sAn trail

登山ガイドオフィス サントレイル / 石島竜平の山道ブログ

屋久島①

2020/3/2-5

ハイシーズン前の屋久島にいってきました!

 

f:id:i_ryuhey:20200310095134j:image

 

初日は屋久島の東側にある町、安房(あんぼう)に1泊。翌日の早朝から1泊2日で登山に行きました。安房は宮之浦に続いて屋久島で2番目に大きな街?です。

 

f:id:i_ryuhey:20200310162620j:image

 

登山のルートは淀川登山口から宮之浦岳を経由し、縄文杉を拝んで白谷雲水峡に下山。

下山後は宮之浦にある宿に宿泊。

 

最終日は屋久島を半日観光して再び飛行機で帰路へ。

 

 

交通手段

屋久島へのもっとも一般的な行き方は、鹿児島まで飛行機、鹿児島から屋久島は高速船もしくはフェリー。

 

今回、私は羽田→鹿児島→屋久島と移動は全て飛行機を使いました。

高速船やフェリーを使うと空港からフェリー乗り場までの移動が面倒だったのと、高速船が思っていたより高かいんです。

 

f:id:i_ryuhey:20200312183750j:image

↑鹿児島から屋久島までの飛行機。50人乗りくらいだったかな?

 

 

高速船の値段は片道9200円、往復16600円なので意外に高いんです。

所用時間は往路3時間、復路2時間30〜45分。

 

フェリーの値段は往路5200円、復路4700円で合計9900円。

所用時間は往復ともに約4時間です。高速船に比べて時間が掛かるぶん安いようです。

 

※高速線は1日7便ほどありますが、フェリーは1日1便しかありません。

 

 

移動に時間をかけたく無い方には、飛行機がオススメです。

乗継の良い便を選べば、東京から屋久島まで5時間かからずに着けるみたいです。

 

もしも75日以上前から、計画できるのであればJALのウルトラ先特で購入するのが1番安く屋久島に行く方法になると思います。

※鹿児島 ←→ 屋久島間の飛行機はJAL系列しか飛んでいません。

下記サイトも参考になるかも。

https://o-senyakushima.net/access-ship/

 

 

f:id:i_ryuhey:20200312213024j:image

 

 

あとはオリオンツアーなどのパッケージツアーで交通手段や宿、レンタカー等をまとめて予約する手もあります。

 

私はオリオンツアーを使用しました,羽田からの往復飛行機利用の1泊4日プラン。

1泊目はツアーに含まれた宿に宿泊。
2泊目は登山のため山小屋泊。
3泊目は下山口側に自分で宿を予約。

 

3月上旬で、東京〜鹿児島〜屋久島の往復の飛行機代と民宿1泊2食付きで1人40,000円ほどでした。

※時期や平日・休日、宿のグレードにより変わります

 

宿1泊込みなので自分で飛行機やフェリーを予約するよりだいぶ安いです。

安い分、鹿児島空港で2時間の乗り継ぎ待ちがありましたが。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200312212648j:image

 

f:id:i_ryuhey:20200312212825j:image

鹿児島空港からの霧島の山なみ

 

 

今回は4日間の旅行でしたが、時間とお金があるなら1週間〜2週間ほど滞在したかったというのが本音です。

 

f:id:i_ryuhey:20200312213244j:image

 

屋久島は縄文杉や白谷雲水峡のハイキング、宮之浦岳の登山ばかりが注目されがちですが、他にも魅力的なものが沢山!

 

SUPやカヤック、カヌー、沢登りなどのウォーターアクティビティや花崗岩の島ならではのクライミング

ウミガメの産卵まで見られちゃいます。

 

他にも滝があったり、、

ん〜!魅力がいっぱい!!

 

 

 

かくいう自分は宮之浦岳縄文杉〜白谷雲水峡縦走の王道コースでしたが。笑

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

    にほんブログ村 アウトドアブログへ