sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

NZの電気ケトル

f:id:i_ryuhey:20191018232617j:image

 

 

ニュージーランドから日本に帰ってきてお湯を沸かそうと、T-fal電気ケトルのスイッチをON!

 

 

 

 

 

あれ、、、?

 

 

 

 

 

 

「あっ」という間に、、すぐに沸かない?

 

 

 

 

 

そう、、

 

 

T-falをもってしても「あっ」と言う間には、沸きません。笑

 

 

 

 

でもニュージーランド電気ケトルは、

スイッチを入れた途端にお湯が沸き始めるんです。

 

 

 

 

まさに

「あっ」と言う間に、すぐに沸く。笑

 

 

 

 

というのも、日本の一般家庭の電圧は100V。それに対してNZは240Vです。

 

日本では工場などの施設では200Vが使われていますが、それを上回る電圧がNZの一般家庭では使用されています。

 

 

 

そのため、NZの電気ケトルはお湯が湧くのが早いんですね!

決してティファールが悪いわけではなく、あくまで電圧の関係です。

 

 

 

電圧が高いとなんで早く湧くの?

 

と思ったあなた!

 

 

 

 

私も思ったので、調べました。笑

 

 

 

電圧は電気を流す力なので、電圧が高ければ高いほど、ある時間の間に流れる電気の量(電流)も増えます。

電流が増えれば、お湯を沸かすために使える電気が増えることになるので、早く湧くというわけです。

 

そうなると240VのNZは、単純計算で日本(100V)の2.4倍の電流が流れることになります。

オームの法則というものが、あった気がしますが、、覚えてないのでそれは置いといて)

 

同じケトルであれば2.4倍の速度でお湯が湧くと思われます。笑

 

 

あとNZの電気ケトルは作りが単純で、ケトルの水を入れるところに、直接電気コイルが付いていて、めちゃ直接的に水を電気コイルが温めています。

それも早い要因なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

余談ですが、ニュージーランドの家にはガスがないことが多いです。

 

その場合、コンロはガスではなく電気コンロ、お風呂などのお湯もガス給湯器ではなく、電気で沸かすタンク式です。

 

電気コンロはIHかと思いきや、コイルに電気を流す、コイルが真っ赤になる単純なコンロが多いです。笑

たまにIHもありますが。

 

 

お湯が、ガス給湯器ではなく、タンク式というのは日本では珍しいですよね。

200L〜300Lくらいのタンクがあり、それを電気ヒーターで常時加熱して、お湯を作って溜めておく方式です。

 

連続でシャワーを使ったりすると、タンク内のお湯がなくなることもあります。

そのため、NZだとシャワーは5〜10分までという制限があることもしばしば。笑

 

 

ふと、思いました。

電気だとタンク式になるのはなぜだろうか?

すぐにお湯が出てくるガス給湯器はどんな仕組みなんだろうか?

 

 

 

そして調べました。笑

 

 

 

タンク式を貯湯式(ちょとうしき)

ガス給湯器タイプを(瞬間式)とよぶそうです。

 

給湯器のしくみ:ガス給湯器とは - かしこいエコライフ | PURPOSE

 

 

なるほど、、

瞬間式を考えた人は天才だ。

 

 

また一つ勉強になりました。

 

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら