sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

明るいほど良い?ヘッドライトの話。

仕事で茨城県の鹿島の方に来ています。

 

 

今回は山ではなく川。

流域面積日本一の利根川の河口近くで環境調査のお仕事です!

 

夜間調査があるためヘッドライトを装着!

 

 

私の愛用しているヘッドライトはペツルのティカR +という4年ほど前に発売したモデル。

明るさは最大で170lm。

 

f:id:i_ryuhey:20200212021031j:image

かなり気に入ってます!

理由は後ほど。

 

 

今回、一緒に仕事をしている人はレッドレンザーの明るさ最強モデル。

なんとMAX1000lm!最大照射距離300m!

 

f:id:i_ryuhey:20200212015648p:image

 

写真の通り重量級ですがとにかく明るい!

車に近い明るさです。

登山には重すぎますけどね。笑

 

最近はとにかく明るいヘッドライトがバンバン出ていて、登山用の小さいものでも900lmなんてものも。

 

 

でも登山にその明るさが必要なのか?

というのが今回のテーマ。

 

 

結論から言えば、用途次第ではありますが一般登山道を歩くだけであれば、200lm以上は基本的には必要ないです。(個人的な考えです)

 

 

ヘッドライトの明るさはlm(lumen/ルーメン)で表されます。光束(光の量)を表す単位のことで、数字が大きいほど明るくなります。

 

 

 

私が初めて買ったヘッドライトはペツルの40lmのもの。笑

 

自分が登山を始めた頃は、40lmのヘッドライトが当たり前で、明るくても80lmくらいだったんじゃないかな?

 

さらに昔は豆電球のヘッドライトだったらしいですよ??

 

昔の話ですが、極端な話は40lmのヘッドライトでも歩けたわけです。

 

 

それが今では200lm、300lmなんて当たり前。

ここ数年の話なので急激な技術進歩です。

 

もちろん今更40lmのヘッドライトを使えと言うつもりはありません。笑

 

 

 

ただ、ヘッドライトは明るければ明るいほど良いと思っている人がいるのですが、そんなことありません。

 

明るい方が安心感は増すと思いますが、明るすぎると目が疲れますし、近くの物が見づらいです。

 

トレランのようにスピーディに動く必要がある場合、ある程度遠くの地形まで把握したいので明るいほうが良いですよね。

 

それでも300lmあれば十分こと足りると思います。欲張っても400lmくらいなんじゃないかな?

 

 

 

 

では登山にはどのくらいの明るさが必要なのか?

一般登山道を歩くだけであれば、最大200lmあれば十分です。

 

最大出力が200lmでも300lmでも、さらにそれ以上でもいいんですが、3段回くらいの調整機能があるものをオススメします。

たとえば最大で300lm、中で100lm、弱で20lmみたいな感じ。

 

・300lmは遠くまで見たいとき

・100lmは歩くとき

・20lmは小屋での使用や手元を照らすとき

 

 

ずっと最大出力だと周りにも迷惑ですし、樹林の中などだと樹木や葉に反射し、眩しくて邪魔になることもあります。

あとは暗いところと明るいところの差が大きいと目が疲れます

 

照射レベルが使い分けられる物を選びましょう!!

あと、小屋を利用する人は赤色ライト必須です!

 

 

 

一番最初にも言いましたが、私はティカR +という4年ほど前のモデルを使用しています。

 

最大照射は170lm。

 

ちょっと上位モデルのティカRXPも凄くいいです。こちらは最大照射220lmだったかと。

 

 

これらのモデルのいいところは「リアクティブライティングテクノロジー」搭載!

 

簡単にいうとセンサーによって明るさを感知して、自動でその場にあった明るさに合わせてくれます!

 

遠くを照らせば明るくなり、手元を照らせば手元が見やすい明るさになります。

 

なんて便利!!

 

 

f:id:i_ryuhey:20200212173740p:image

 

性能は写真の通りです。

 

自動調光が必要ない時は、一定の明るさを保つモードにも出来ます。

(写真下部記載コンスタントライティング)

 

 

 

ティカR +とティカRXPの後継モデルは現在リアクティック+というモデルになってるみたいです。

 

スイフトRLというモデルが最新のようですが、最大900lmの代物なので、一般登山にはオーバースペックといったところです。

 

上記したペツルのヘッドライトは全て充電式なのもいいところ。

(別売のアダプターを買えば乾電池も使える)

 

乾電池式だと、中途半端に使った電池の保管にに困ることが多いと思います。

充電式か乾電池式かも選ぶ際のポイントです。

 

 

 

ブラックダイヤモンドやレッドレンザー、マイルストーンなど、色んなメーカーから多種多様なヘッドライトが発売されています。

 

適当に買わずに下調べをしたり、店員さんに色々聞いて理解した上で買いましょうね〜

 

私もそろそろ買い替えまーす!笑

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。