sAn trail

登山ガイドオフィス サントレイル / 石島竜平の山道ブログ

登山の装備

 

san-trail.hatenablog.com

 

 

奥多摩や丹沢あたりに登りに行ってみようかな〜

 

なんて思って、まず心配になるのが装備だと思います。

 

 

何が必要なのか?

 

1番確実なのは信頼できる経験者に教えてもらうことですが、そういった人が身近にいない人は、、

 

 

とりあえずネット検索でOK!

 

検索すると大体は下記の物が出てくると思います。

 

 

・登山靴  ・化学繊維の動きやすい服(コットンはNG)

・ザック  ・雨具

・防寒具  ・帽子

・手袋   ・ヘッドライト

・ファーストエイドキット

・地形図 ・コンパス

・水・食料

 etc、、、、

 

 

私が実際に検索してみて、良さそうだなと思ったのがこのサイト。

→ 初心者のための登山とキャンプ入門

 

このサイト内の全てを見たわけではありませんが、初心者向けに優しく書いてくれているので良さそうです。

装備や服装のことだけでなく、色々なことについて書いてくれています。

 

 

・上記サイトの装備や服装なんかについてはこのページ

 → 登山の装備と持ち物リスト | 初心者のための登山入門

・服装のレイヤリングに関してはこっち

 → 登山の服装 / 初心者のための登山・山歩き入門

 

 

 

あとはモンベルのこのページなんかも

→ モンベル |  はじめての山歩き【登山の基本装備・春夏編

 

登山に必要な物はモンベルに行けば大体そろいます。

登山ブランドの中では、安めの商品が多いので、とりあえずお店に行ってみるのもいいかもしれません。

 

 

f:id:i_ryuhey:20200205125706j:plain

 THULEの28Lザック

 

 

 

紹介したサイト以外にも、色んなサイトがあると思います。

それらを比較して、信頼できそうなサイトを参考にしましょう。

 

 

もちろん登山入門系の雑誌とかで調べるのもOK!

 

 

 

 

ただ、ネットや雑誌に書いてある道具を全部、登山用品店で揃えたら、安くても10万円くらいは簡単にいっちゃいます。

 

いきなり10万円は払えないよー!

というか、まだ登山にハマってもいないのいきなり10万は払いたくないですよね。

 

 

 

そこで朗報!

登山用品でなくても、代用できるものもあります。

 

 

服装は化学繊維の動きやすい服と言われていますが、スポーツをやっていた人であれば、すでに持っている化繊の服でもOK!

防寒着でいったら、ユニクロのウルトラライトダウン、手袋はワークマンなんかのものが使えます。

 

もちろん登山メーカーの物は登山用に考えられているので、全てそれで揃えられるに越したことはありません。

でも徐々に揃えていけば全然OKです!

 

 

登山靴、ザック、雨具は、出来れば登山メーカーの物にしましょう。

 

 

日帰りの低山ハイクであれば、ザックは普段使いの物、雨具はポンチョ、靴はスニーカーでもいいかもしれません。

 

でもこの3つはとても重要な装備なので、これから登山を続けていこう!

 

と思った人は、色々な登山用品店の色々な店員さんに話を聞いて検討することをオススメします。

 

色んな店員さんに聞くというのは、店員さんの中にも詳しくない人はいるので、色々聞いた中で、信頼できそうな人から購入すると良いと思います。

 

 

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20200205130011j:image

 

上の写真は10年近く前に、私が初めて買ったレインウェア。

当時、見た目が気に入って、GORE-TEXだしいいだろう!と奮発して5万円くらいで購入。

 

ご、、ごまんえん。。

 

 

レインウェアと一口に言っても用途によって色々異なります。そこを知らずに見た目買いしちゃいました。

このレインに5万円の価値はなかったなー。

 

 

 

今思うと、もっと色々考えてから買うべきだったと反省です。

 

もう色がくすんで汚いし、防水性も落ちちゃっているので、汚れ作業用などに使っています。

 

10年近く使っていると考えれば5万円の価値はあったのかも?笑

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

長野県安曇野市在住の登山ガイド。

関東近郊の低山から憧れの北アルプス南アルプスまで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方もお気軽にお問合せ下さい。