sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

佐久の岩場

今日は再びJFAのリボルトのお仕事のお手伝いに行ってきました。

 

 

昨年の台風で下部が崩落?した小川山のガマスラブ。

今年春からのJFAの活動により、つい先日復旧作業が終わりました。

 

私は、小川山の作業には8月からしか参加していませんが、物凄く大変な作業でした。。

いやー、皆さんお疲れ様でした。

 

さてさて、今日はというと、、

もうじき公開となる佐久市の岩場のリボルト作業でした。

ほとんどのエリアがケミカルボルトに打ち替えられ、かなり統一感がありスッキリしました。

 

f:id:i_ryuhey:20190920175430j:image

 

そして何より強度の高いケミカルボルトになったため、かなり安心して登ることができます。

 

多くのクライマーが、どんなボルトで岩にハンガーが固定されているか知らずに登っていると思います。

実際の岩場には2、センチしか岩にボルトが入っていないもの、8mmの太さのボルト、錆びて腐っているボルトなど、命を預けるには恐ろしすぎるものが多々、、。

 

佐久の岩場のトポや、駐車場ルール等は、日本フリークライミング協会JFA)の会報誌、フリーファンで公開されますので、是非お楽しみに!

JFAへの入会はまだまだ間に合いますので、この機会に是非!!

 

詳しいボルトの種類などについてはまた近いうちに紹介出来たらと思います。