sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

2019/9/6-7涸沢ヒュッテ経由で穂高へ②

2019/9/7

f:id:i_ryuhey:20190917181538j:image

穂高の朝焼け。

テント場からのパノラマ写真です。

 

 

 

申し分ない天気!

2日目の行程はちょっとハードです。

涸沢ヒュッテ→ザイテングラード→穂高岳山荘→奥穂高岳前穂高岳→岳沢小屋→上高地

 

まずはザイテングラードに取り付くために、涸沢小屋の目の前を通り抜け、穂高岳山荘に向けて歩き始めます。

 

f:id:i_ryuhey:20190917172609j:image

 

写真左奥が涸沢岳。写真中央左に写っている尖ったやつが涸沢槍です。

この写真からもう少し登って左にトラバースするとザイテングラードの取り付きがあります。

 

取り付いた後は落石注意!また自分も落とさないように。

 

振り向けばいい眺め!

 

f:id:i_ryuhey:20190918103028j:image

左上のトンガリ常念岳、右上のなだらかなのが蝶ヶ岳

中央奥に見えているのが浅間山、中央手前にあるのが屏風の頭。

常念岳のすぐ右後ろが四阿山、左後ろあたりが草津白根山といったところでしょうか。

 

 

ザイテングラードは一部、鎖や梯子がありますが、慎重に歩けばほとんどの人が問題無いと思います。

 

 

所々、岩の隙間からお花も咲いていました。

 

f:id:i_ryuhey:20190918105412j:image

イワギキョウ

 

ザイテングラードを登り終えたらどーんと穂高岳山荘。

 

f:id:i_ryuhey:20190918105712j:image

 

奥穂高岳への登山道はここから少しの間、鎖と梯子の連続なので、しっかりと三点支持で登ります。

 

f:id:i_ryuhey:20190918110245j:image

急な斜面に人がいるのが見えると思います。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190918110514j:image

振り返れば穂高岳山荘と涸沢岳

 

 

足下には

f:id:i_ryuhey:20190918172149j:image

イワツメクサ

 

 

 

奥穂高岳山頂からは大パノラマ

 

f:id:i_ryuhey:20190918110653j:image

 

見えすぎて困るくらい見えてます。笑

この日はホントに天気が良く、360度全部見えていました。

 

 

前穂高岳の分岐の紀美子平に向けて吊り尾根を歩いていきます。

 

f:id:i_ryuhey:20190918131846j:image

上中央左のあたりにあるのが前穂高岳

写真右後ろには富士山、甲斐駒ケ岳北岳間ノ岳〜と南アルプスもバッチリ。

 

そして上高地もバッチリ

 

f:id:i_ryuhey:20190918132520j:image

中央の一番奥が御嶽山

その少し手前が乗鞍岳

乗鞍岳の右手前が焼岳

乗鞍岳の左手前が霞沢岳

 

紀美子平からは西穂・ジャンダルム方面がこんな感じ。

f:id:i_ryuhey:20190918133409j:image

 

紀美子平から岳沢小屋までの登山道は重太郎新道といいますが、この道がめちゃ急です。

 

鎖や長い梯子もあります。

 

f:id:i_ryuhey:20190918133358j:image

この写真で岳沢小屋まで残り 1/3くらいかな?

 

岳沢小屋まで降りてしまえば、あとはダラダラとゆるい下りを約2時間です。

 

途中にある風穴は最高の天然クーラー!!

 

f:id:i_ryuhey:20190918133940j:image

夏はここから動きたくなくなっちゃう。笑

 

風穴から下は、森の雰囲気がなんかいい感じで個人的に好きです。

 

 

素敵な森を抜けた先は岳沢湿原。

ここまで来れば河童橋までもうすぐ。

 

f:id:i_ryuhey:20190918134213j:image

岳沢湿原から河童橋まで約15分くらい。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190918134255j:image

あの山から降りてきたと思うと不思議ですね

 

 

 

河童橋に着いたら、オススメなのが靴を脱いで、梓川で足をアイシング!!

 

かなり冷たいですが、気持ちいいですよ〜!!