sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

クサリ場の支点

 

f:id:i_ryuhey:20191005092210j:image

 

ほとんどの人が信じて疑わずに使っている登山道のクサリ。

 

長い年月をかけて、こんなになっちゃったみたいです。

 

ちなみにこれは八海山です。

 

八海山はかなり危険な場所に登山道があるので、クサリを使っていて、それが切れたりしたら高確率で死んじゃいます。

 

もちろん全てがこの写真のようなものばかりじゃないですけどね。

 

でも全国各地のクサリ場、よく見たら上の写真のようなものが、いっぱいあるので要注意!

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20191005131356j:image

有明

 

 

クサリがサビサビで明らかに古ければ、

『これ大丈夫?』って疑う心が生まれるので、まだいいんだけど、、、

 

場所によってはクサリはステンレスでピカピカなのに、それを止めているアンカーだけがサビサビボロボロだったり、なぜかクサリの先が古いロープに繋がってたり。

 

 

みなさん!クサリを使う前には、少し疑って、確かめてみましょーね

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

 

 

高妻山・飯縄山②

 

一不動避難小屋からは小ピークの連続でアップダウンが続きます。

 

このルートは修験道の修行の道としても知られ、ルート上の所々に十三の仏と菩薩が祀られています。

 

一不動から始まり二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵、六弥勒、七薬師、八観音、九勢至、十阿弥陀、十一阿閦、十二大日、最後は乙妻山に十三虚空菩薩が祀られています。

 

修験道についてはまた今度触れられたらいいなと思います。

 

f:id:i_ryuhey:20191002163849j:image

一不動からの戸隠牧場と飯縄山

 

 


f:id:i_ryuhey:20191002163737j:image

文殊付近からの高妻山

 

紅葉が少し始まっていました。高妻山はまだまだ遠いですね〜

 


f:id:i_ryuhey:20191002163856j:image

黒姫山と紅葉

弥勒を過ぎて黒姫山を振り返った写真です

 

 


f:id:i_ryuhey:20191002163844j:image

九勢至からの高妻山

 

角度が変わるとまた雰囲気が変わりますね。

あまり九に見えないかもしれませんが、この先からガツンと急になります。

 

髭スリと呼ばれる急登の手前にちょっも珍しい植物が、、、

 

f:id:i_ryuhey:20191002180400j:image

ヒカリゴケ

 

明るいので、わかりづらいですがヒカリゴケというコケです。岩と岩の間の暗いところなどに生えています。

自分で発光しているわけではなく、反射板のように光を反射しているので、光っているように見えるんです

 

髭スリを登りきれば山頂までもうすぐ!

 

 

 


f:id:i_ryuhey:20191002163914j:image

高妻山山頂!

 

後ろには戸隠連峰の西岳が見えています。

高妻山から先に行けば乙妻山に続いていますが、今回のツアーではここまで。

 


f:id:i_ryuhey:20191002163837j:image

高妻山からの下山

 

写真左のピークが五地蔵山、写真中央のコルのあたりが一不動避難小屋、写真右が戸隠山です。奥には飯縄山も。

 

弥勒からの弥勒新道は、急で滑りやすいので要注意。

 

 

弥勒新道の途中はブナ林がとても綺麗ですよ〜

写真はありませんが、、笑

 

 

f:id:i_ryuhey:20191002181220j:image

途中に生えていたツルリンドウ

 

戸隠牧場に降りた後は、蕎麦やソバアイスがおススメですよ〜

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

 

 

高妻山・飯縄山①

初の添乗業務で高妻山飯縄山に行ってきました。

 

今回はツアー登山の添乗員さん!

なので、ツアー中は一番後ろを歩きました。

ガイドとして前を歩くのとは、また違って勉強になりますね。

 

 

ガイドさんは戸隠ガイド組合のお2人!

2人とも、とても良い雰囲気のガイドさんでお客さんも楽しそうでした!

 

 

1日目は朝、新宿を出発してお昼前に戸隠着。準備をしてそのまま飯縄山へ。下山後は戸隠のステキな宿に宿泊。

 

2日目は宿を早朝に出て5時に登山口を出発し、高妻山を登って降りて新宿にカムバック!

 

 

今回のメインは百名山高妻山に登ること!

高妻山はそんなに有名ではありませんが、戸隠連峰の最高峰で、景色も良く、ルートも変化に富んでいて、とてもいい山なんです。

 

ただ営業小屋がないので、日帰り登山が必須なためハードですが。

(途中にある一不動避難小屋は、原則的に利用可能なのは緊急時のみとされています)

 

 

1日目の飯縄山は西登山口から登り、南登山道を下山しました。天気が良く、景色もバッチリでした。

 

西登山道の雰囲気はこんな感じ!

 

f:id:i_ryuhey:20190930171627j:image

 

カラマツやミズナラ、ブナなどがいい雰囲気の森歩き。

 

標高1700m付近を超えるとパッと景色が拓けて、戸隠山北アルプス高妻山長野市方面、浅間山なんかが綺麗に見られます。

 

 

f:id:i_ryuhey:20191002183518j:image

写真右が戸隠の西岳付近、写真奥が北アルプスです。右から白馬三山、不帰キレット五竜岳鹿島槍ヶ岳

 

 

山頂まで行けば、さらに妙高山黒姫山斑尾山、苗場方面までバッチリ!

 

山頂はすぐそこでしたが、

ちょっと体調の悪いお客さんがいたので、私は山頂まで行かずに、南登山道の分岐でお客さんと一緒に待機。

 

景色を見ながら楽しくおしゃべり待機。笑

 

下りの南登山道は、飯縄山修験道の修行の山としての歴史?が色濃く残る道。

 

f:id:i_ryuhey:20190930173119j:image

第十三虚空菩薩像

 

今回は降りましたが、南登山道の入口である一ノ鳥居なら順に石仏が13体置かれています。

 

この日のお宿は戸隠スキー場近くの樅の木山荘さん。

 

f:id:i_ryuhey:20190930174051j:image

ロビー

 

f:id:i_ryuhey:20190930174045j:image

食堂

 

夕食は出来たてを一品ずつ出してくれるので、

暖かくて美味しかったですよ。

一品ずつ出てくるので短気な人には向きませんが。笑

 

 

 

翌日は高妻山に向けて5時に戸隠牧場を出発!

 

まずは一不動避難小屋を目指して歩きます。

 

 

最初の沢沿いは比較的緩やかですが、不動滝に近づくにつれて徐々に急になっていき、不動滝の落口からガツンとさらに急になります。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190930191441j:image

滑岩(なめいわ)の鎖場

 

滑りそうな名前の通りです。笑

慎重に登りましょう。

 

 

 

f:id:i_ryuhey:20190930191720j:image

帯岩の鎖トラバース

 

帯岩と呼ばれる1枚岩の鎖場をトラバースします。

写真ではそんなに急に見えませんが、右下は切れ落ちているため、落ちたら助かりません。

 

 

トラバースを終えて、不動滝の脇にある短い急な鎖場を抜ければ、このルート上で唯一の水場が待っています。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190930192019j:image

氷清水(旧一杯清水)

 

名前の通りかなり冷たい美味しいお水!

このあたりは風穴がありそこから冷風が出ているようなのですが、この風穴の影響で冷たいようです。

 

 

 

氷清水を出て急な登りを頑張ると、一不動避難小屋に到着。

 

ここで一息着きます。

 

高妻山まではの道のりは、まだまだ長いですよ〜。

 

https://san-trail.hatenablog.com/entry/2019/10/02/%E9%AB%98%E5%A6%BB%E5%B1%B1%E3%83%BB%E9%A3%AF%E7%B8%84%E5%B1%B1%E2%91%A1に続く

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

日本とニュージーランド①

2018/10月〜2019/6月までの約8ヶ月間、私はニュージーランドで暮らしていました。

 

ニュージーランドをよく知らない人のために、日本とニュージーランドをちょっとだけ比較してみました。

 

f:id:i_ryuhey:20190924115329j:plain

ニュージーランドの空はとにかく広い

 

 

 

・日本

国土:約37万8000平方km

人口:約1億2615万人

首都:東京

(※2019年9月1日 統計局調べ)

 

ニュージーランド

国土:約27万534平方km(北島約12万・南島約15万平方km ・ 日本の約3/4)

人口:約495万人 (日本の約1/25)

首都:ウェリントン(北島)

( ※2019年3月1日 外務省調べ)

 

 

ニュージーランドは日本と同じ島国で、大きく分けて北島と南島、その他の小さな島からなっています。

国土面積は日本の約4分の3ですが、人口はなんと日本の約25分の1。

 

ちなみに東京都の人口が約1,390万人、面積が約2,193平方km 

(※2019年8月東京都HP調べ。人口及び面積

 

ニュージーランドの国全体の人口が、なんと東京都の人口の1/2以下。

 

ちょっと東京の人口密度は異常ですが、NZの人口密度がもの凄く低いことがわかりますよね。

 

さらに495万人ほどしかいない人口の内、3/4は北島に住んでいるそう。

(※NZの国土政策の概要より)

 

北島より南島の方が大きいのに、、、。笑

 

 

私はNZ滞在中のほとんどを南島で暮らしていたのですが、最後の3週間だけ北島を旅しました。

たしかにその時に思ったのは、一つ一つの街が北島はそれなりに大きかったということ!

 

逆をいうと、南島はクライストチャーチクイーンズタウンダニーデンといった大きな街以外は、人口100人〜300人くらいしかいないんじゃない?

みたいな本当に小さな町が多かった印象です。笑

 

でもそれだけ、人工物が少なく、雄大な自然が広がっているという証拠ですね。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190911172500j:plain

めーめー

 

ニュージーランドと言ったら羊!

ラム肉やウール製品が有名ですが、人よりも羊の方が断然多いんです。

人口495万に対して、なんと羊の数は約2700万頭。これでも少しずつ減ってきているそう。

 

 スーパーには当たり前のようにラム肉が並んでいます。

そしてラム肉や牛肉の値段が安いです。鶏肉と豚肉は日本の方が安いかな?

 

豚肉で衝撃的だったことが一つ。

ニュージーランドでは基本的にブロックで販売されていて、なぜか細切れ肉が売ってないんです。

だからポークカレーが食べたいなーなんてときとは、自分で切って細切れにするしかないとう、、。

 

こんなちょっとしたことで、国の違いを感じていました。

 

他にも色々ありますが、長くなっちゃうので次回に続く、、。

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

 

秋山郷と苗場山

少し前のことですが、

長野県の秘境と言われる、秋山郷に行ってきました。

その一番奥にある切明温泉は、200名山にも選ばれている佐武流山や鳥甲山のアプローチの起点にもなるところです。

 

泊まったのはその切明温泉にある「 雪あかり 」という温泉宿。

 

f:id:i_ryuhey:20190924185442j:image

 女将さんと一緒にパチリ

 

この宿は温泉がいいのはさることながら、食事が美味いんですよ〜。

 

f:id:i_ryuhey:20190924185530j:image

 

岩魚の塩焼き、岩魚の刺身、鶏鍋、山菜料理2品、山菜の天ぷら、茶碗蒸し、お漬物、お吸物、ご飯と。

 

品数豊富でどれも美味かった!!

 

山菜の天ぷらは、揚げたてを順々に5品運んできてくれるので、熱々を食べられます。天ぷらは揚げたてが一番!

 

あと、なんといっても岩魚の刺身が食べられる宿は中々ないんです。

その理由は、野生の岩魚は寄生虫を持っている可能性があるそうで、お店では生で出せないそうなんです。

なので雪あかりでは養殖の岩魚をお刺身として出してるんだそうですよ〜。

これがまた美味い。

 

ちなみに日本酒好きなかたは、岩魚の骨酒なんかも楽しめますよ〜

 

 

 

 

 

翌日は切明温泉から津南町方面に下った小赤沢集落の小赤沢コースから苗場山へ。

 

3合目の標高1310mまで車で上がれるため、山頂の2145mまではの標高差は約830m。

 

コースは全体的に木の根と湿った土、岩で滑りやすいいので足元に注意。

 

 

ほとんどお花はありませんでしたが、登山道脇をよく見れば

 

f:id:i_ryuhey:20190924192134j:image

シラヒゲソウ

 

f:id:i_ryuhey:20190924192243j:image

マイヅルソウの実

 

 他にはウメバチソウイワショウブ、セリ科のお花なんかが咲いていました。

 

 

 

 

6合目から先はこんな感じで鎖場があり急になります。

 

f:id:i_ryuhey:20190924191103j:image

 

そこからせっせと登り9合目に出た瞬間!

 

f:id:i_ryuhey:20190924191738j:image

 

別世界に!

 

f:id:i_ryuhey:20190924190813j:image

 

この日は曇天でしたが、それでも絶景ですね〜

写真右奥には鳥甲山が見えてます。

 

山頂はどんな景色が待っているんだろうと胸が高鳴ります

 

f:id:i_ryuhey:20190924192019j:image

 

なぜか山頂の周りだけ、期待を裏切る展望なし!笑

 

それにしても苗場山秋山郷の温泉、どちらもオススメです。

 

 

佐久の岩場

今日は再びJFAのリボルトのお仕事のお手伝いに行ってきました。

 

 

昨年の台風で下部が崩落?した小川山のガマスラブ。

今年春からのJFAの活動により、つい先日復旧作業が終わりました。

 

私は、小川山の作業には8月からしか参加していませんが、物凄く大変な作業でした。。

いやー、皆さんお疲れ様でした。

 

さてさて、今日はというと、、

もうじき公開となる佐久市の岩場のリボルト作業でした。

ほとんどのエリアがケミカルボルトに打ち替えられ、かなり統一感がありスッキリしました。

 

f:id:i_ryuhey:20190920175430j:image

 

そして何より強度の高いケミカルボルトになったため、かなり安心して登ることができます。

 

多くのクライマーが、どんなボルトで岩にハンガーが固定されているか知らずに登っていると思います。

実際の岩場には2、センチしか岩にボルトが入っていないもの、8mmの太さのボルト、錆びて腐っているボルトなど、命を預けるには恐ろしすぎるものが多々、、。

 

佐久の岩場のトポや、駐車場ルール等は、日本フリークライミング協会JFA)の会報誌、フリーファンで公開されますので、是非お楽しみに!

JFAへの入会はまだまだ間に合いますので、この機会に是非!!

 

詳しいボルトの種類などについてはまた近いうちに紹介出来たらと思います。

 

 

 

2019/9/6-7涸沢ヒュッテ経由で穂高へ②

2019/9/7

f:id:i_ryuhey:20190917181538j:image

穂高の朝焼け。

テント場からのパノラマ写真です。

 

 

 

申し分ない天気!

2日目の行程はちょっとハードです。

涸沢ヒュッテ→ザイテングラード→穂高岳山荘→奥穂高岳前穂高岳→岳沢小屋→上高地

 

まずはザイテングラードに取り付くために、涸沢小屋の目の前を通り抜け、穂高岳山荘に向けて歩き始めます。

 

f:id:i_ryuhey:20190917172609j:image

 

写真左奥が涸沢岳。写真中央左に写っている尖ったやつが涸沢槍です。

この写真からもう少し登って左にトラバースするとザイテングラードの取り付きがあります。

 

取り付いた後は落石注意!また自分も落とさないように。

 

振り向けばいい眺め!

 

f:id:i_ryuhey:20190918103028j:image

左上のトンガリ常念岳、右上のなだらかなのが蝶ヶ岳

中央奥に見えているのが浅間山、中央手前にあるのが屏風の頭。

常念岳のすぐ右後ろが四阿山、左後ろあたりが草津白根山といったところでしょうか。

 

 

ザイテングラードは一部、鎖や梯子がありますが、慎重に歩けばほとんどの人が問題無いと思います。

 

 

所々、岩の隙間からお花も咲いていました。

 

f:id:i_ryuhey:20190918105412j:image

イワギキョウ

 

ザイテングラードを登り終えたらどーんと穂高岳山荘。

 

f:id:i_ryuhey:20190918105712j:image

 

奥穂高岳への登山道はここから少しの間、鎖と梯子の連続なので、しっかりと三点支持で登ります。

 

f:id:i_ryuhey:20190918110245j:image

急な斜面に人がいるのが見えると思います。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190918110514j:image

振り返れば穂高岳山荘と涸沢岳

 

 

足下には

f:id:i_ryuhey:20190918172149j:image

イワツメクサ

 

 

 

奥穂高岳山頂からは大パノラマ

 

f:id:i_ryuhey:20190918110653j:image

 

見えすぎて困るくらい見えてます。笑

この日はホントに天気が良く、360度全部見えていました。

 

 

前穂高岳の分岐の紀美子平に向けて吊り尾根を歩いていきます。

 

f:id:i_ryuhey:20190918131846j:image

上中央左のあたりにあるのが前穂高岳

写真右後ろには富士山、甲斐駒ケ岳北岳間ノ岳〜と南アルプスもバッチリ。

 

そして上高地もバッチリ

 

f:id:i_ryuhey:20190918132520j:image

中央の一番奥が御嶽山

その少し手前が乗鞍岳

乗鞍岳の右手前が焼岳

乗鞍岳の左手前が霞沢岳

 

紀美子平からは西穂・ジャンダルム方面がこんな感じ。

f:id:i_ryuhey:20190918133409j:image

 

紀美子平から岳沢小屋までの登山道は重太郎新道といいますが、この道がめちゃ急です。

 

鎖や長い梯子もあります。

 

f:id:i_ryuhey:20190918133358j:image

この写真で岳沢小屋まで残り 1/3くらいかな?

 

岳沢小屋まで降りてしまえば、あとはダラダラとゆるい下りを約2時間です。

 

途中にある風穴は最高の天然クーラー!!

 

f:id:i_ryuhey:20190918133940j:image

夏はここから動きたくなくなっちゃう。笑

 

風穴から下は、森の雰囲気がなんかいい感じで個人的に好きです。

 

 

素敵な森を抜けた先は岳沢湿原。

ここまで来れば河童橋までもうすぐ。

 

f:id:i_ryuhey:20190918134213j:image

岳沢湿原から河童橋まで約15分くらい。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190918134255j:image

あの山から降りてきたと思うと不思議ですね

 

 

 

河童橋に着いたら、オススメなのが靴を脱いで、梓川で足をアイシング!!

 

かなり冷たいですが、気持ちいいですよ〜!!