sAn trail

登山ガイド sAn trail / 石島竜平の山道ブログ

日本とニュージーランド①

2018/10月〜2019/6月までの約8ヶ月間、私はニュージーランドで暮らしていました。

 

ニュージーランドをよく知らない人のために、日本とニュージーランドをちょっとだけ比較してみました。

 

f:id:i_ryuhey:20190924115329j:plain

ニュージーランドの空はとにかく広い

 

 

 

・日本

国土:約37万8000平方km

人口:約1億2615万人

首都:東京

(※2019年9月1日 統計局調べ)

 

ニュージーランド

国土:約27万534平方km(北島約12万・南島約15万平方km ・ 日本の約3/4)

人口:約495万人 (日本の約1/25)

首都:ウェリントン(北島)

( ※2019年3月1日 外務省調べ)

 

 

ニュージーランドは日本と同じ島国で、大きく分けて北島と南島、その他の小さな島からなっています。

国土面積は日本の約4分の3ですが、人口はなんと日本の約25分の1。

 

ちなみに東京都の人口が約1,390万人、面積が約2,193平方km 

(※2019年8月東京都HP調べ。人口及び面積

 

ニュージーランドの国全体の人口が、なんと東京都の人口の1/2以下。

 

ちょっと東京の人口密度は異常ですが、NZの人口密度がもの凄く低いことがわかりますよね。

 

さらに495万人ほどしかいない人口の内、3/4は北島に住んでいるそう。

(※NZの国土政策の概要より)

 

北島より南島の方が大きいのに、、、。笑

 

 

私はNZ滞在中のほとんどを南島で暮らしていたのですが、最後の3週間だけ北島を旅しました。

たしかにその時に思ったのは、一つ一つの街が北島はそれなりに大きかったということ!

 

逆をいうと、南島はクライストチャーチクイーンズタウンダニーデンといった大きな街以外は、人口100人〜300人くらいしかいないんじゃない?

みたいな本当に小さな町が多かった印象です。笑

 

でもそれだけ、人工物が少なく、雄大な自然が広がっているという証拠ですね。

 

 

f:id:i_ryuhey:20190911172500j:plain

めーめー

 

ニュージーランドと言ったら羊!

ラム肉やウール製品が有名ですが、人よりも羊の方が断然多いんです。

人口495万に対して、なんと羊の数は約2700万頭。これでも少しずつ減ってきているそう。

 

 スーパーには当たり前のようにラム肉が並んでいます。

そしてラム肉や牛肉の値段が安いです。鶏肉と豚肉は日本の方が安いかな?

 

豚肉で衝撃的だったことが一つ。

ニュージーランドでは基本的にブロックで販売されていて、なぜか細切れ肉が売ってないんです。

だからポークカレーが食べたいなーなんてときとは、自分で切って細切れにするしかないとう、、。

 

こんなちょっとしたことで、国の違いを感じていました。

 

他にも色々ありますが、長くなっちゃうので次回に続く、、。

 

 

sAn trail | 登山ガイド 石島竜平のホームページはこちら

 

 

秋山郷と苗場山

少し前のことですが、

長野県の秘境と言われる、秋山郷に行ってきました。

その一番奥にある切明温泉は、200名山にも選ばれている佐武流山や鳥甲山のアプローチの起点にもなるところです。

 

泊まったのはその切明温泉にある「 雪あかり 」という温泉宿。

 

f:id:i_ryuhey:20190924185442j:image

 女将さんと一緒にパチリ

 

この宿は温泉がいいのはさることながら、食事が美味いんですよ〜。

 

f:id:i_ryuhey:20190924185530j:image

 

岩魚の塩焼き、岩魚の刺身、鶏鍋、山菜料理2品、山菜の天ぷら、茶碗蒸し、お漬物、お吸物、ご飯と。

 

品数豊富でどれも美味かった!!

 

山菜の天ぷらは、揚げたてを順々に5品運んできてくれるので、熱々を食べられます。天ぷらは揚げたてが一番!

 

あと、なんといっても岩魚の刺身が食べられる宿は中々ないんです。

その理由は、野生の岩魚は寄生虫を持っている可能性があるそうで、お店では生で出せないそうなんです。

なので雪あかりでは養殖の岩魚をお刺身として出してるんだそうですよ〜。

これがまた美味い。

 

ちなみに日本酒好きなかたは、岩魚の骨酒なんかも楽しめますよ〜

 

 

 

 

 

翌日は切明温泉から津南町方面に下った小赤沢集落の小赤沢コースから苗場山へ。

 

3合目の標高1310mまで車で上がれるため、山頂の2145mまではの標高差は約830m。

 

コースは全体的に木の根と湿った土、岩で滑りやすいいので足元に注意。

 

 

ほとんどお花はありませんでしたが、登山道脇をよく見れば

 

f:id:i_ryuhey:20190924192134j:image

シラヒゲソウ

 

f:id:i_ryuhey:20190924192243j:image

マイヅルソウの実

 

 他にはウメバチソウイワショウブ、セリ科のお花なんかが咲いていました。

 

 

 

 

6合目から先はこんな感じで鎖場があり急になります。

 

f:id:i_ryuhey:20190924191103j:image

 

そこからせっせと登り9合目に出た瞬間!

 

f:id:i_ryuhey:20190924191738j:image

 

別世界に!

 

f:id:i_ryuhey:20190924190813j:image

 

この日は曇天でしたが、それでも絶景ですね〜

写真右奥には鳥甲山が見えてます。

 

山頂はどんな景色が待っているんだろうと胸が高鳴ります

 

f:id:i_ryuhey:20190924192019j:image

 

なぜか山頂の周りだけ、期待を裏切る展望なし!笑

 

それにしても苗場山秋山郷の温泉、どちらもオススメです。

 

 

佐久の岩場

今日は再びJFAのリボルトのお仕事のお手伝いに行ってきました。

 

 

昨年の台風で下部が崩落?した小川山のガマスラブ。

今年春からのJFAの活動により、つい先日復旧作業が終わりました。

 

私は、小川山の作業には8月からしか参加していませんが、物凄く大変な作業でした。。

いやー、皆さんお疲れ様でした。

 

さてさて、今日はというと、、

もうじき公開となる佐久市の岩場のリボルト作業でした。

ほとんどのエリアがケミカルボルトに打ち替えられ、かなり統一感がありスッキリしました。

 

f:id:i_ryuhey:20190920175430j:image

 

そして何より強度の高いケミカルボルトになったため、かなり安心して登ることができます。

 

多くのクライマーが、どんなボルトで岩にハンガーが固定されているか知らずに登っていると思います。

実際の岩場には2、センチしか岩にボルトが入っていないもの、8mmの太さのボルト、錆びて腐っているボルトなど、命を預けるには恐ろしすぎるものが多々、、。

 

佐久の岩場のトポや、駐車場ルール等は、日本フリークライミング協会JFA)の会報誌、フリーファンで公開されますので、是非お楽しみに!

JFAへの入会はまだまだ間に合いますので、この機会に是非!!

 

詳しいボルトの種類などについてはまた近いうちに紹介出来たらと思います。